日帰り白内障手術などの新しい医療をご提供できるよう、当院では設備・施設を整えております。

 

当院の医療機器

オプトス社 カリフォルニアRG

従来の眼底カメラより、眼底の約80%の領域をカバーする画角200度の広い観察範囲を実現しております。
非接触で、眼底中心部から周辺部の疾患の観察に特に寄与します。

患者様のご負担にならないよう迅速な画像撮影を行います。

前眼部OCT CASIA2

光干渉方式により、前眼部を3D立体画像として非侵襲・非接触で撮影できます。角膜や水晶体、隅角などの断面像や、角膜の形状を計測する最新式の検査装置です。精密な測定により安全な手術や術後の見え方のサポートができます。角膜混濁、円錐角膜などの角膜疾患や緑内障治療にも威力を発揮します。

白内障硝子体手術装置:コンステレーションビジョンシステム

●白内障・硝子体手術を同時に行う事のできる最新の手術装置を導入いたしました。
硝子体手術では通常眼球を3 ヶ所切開します。そして眼球内の硝子体というゼリー状の組織を取り除く事をこの装置で行います。
従来は1 分間に2500 回転で細かく切りながら吸引しておりましたが、コンステレーションでは従来の4倍の1 分間に10000 回転でさらに細かく吸引できるようになり 網膜の牽引を減少させ、より安全に硝子体手術を行う事が可能になりました。
現在、眼球への切開は非常に小さく 約0.6 ㎜程で、その為術後の回復が早く患者様の体への負担を軽減でき日帰りでの手術も行う事ができます。

DRI OCT Triton

DRI OCT Tritonは、OCT撮影の光源に中心波長1μmのSwept Sourceを用いており、次の特徴を備えています。
・波長1μm帯光源の高い組織侵達性により、眼底深部の観察や中間透光体に混濁がある場合での観察を容易にします。
・高品位な波長掃引光源を用いることで断層画像の深さ方向の劣化を低減し、硝子体から網膜・脈絡膜深部まで一枚の断層画像を均質な画質で映し出します。
・100,000 A-Scan/ 秒の高速な撮影スピードにより、眼球運動の影響を受けにくい高精細なOCT画像の取得を可能にします。
・撮影光は完全に不可視光であるため、患者さんが撮影光を目で追うことによる撮影中の位置ずれが発生しにくくなります。

各施設

-待合室-
明るく優しい雰囲気の待合室になっております。診察でお待ち頂いている時間も、リラックスできる空間になっております。

-診察室-
最新の検査機器を用いた検査結果を画面上で素早くお見せできるよう電子カルテシステムを導入しました。

-手術室-
安心して手術を受けて頂けるよう、最先端のクリーンシステムを導入しました。白内障手術、硝子体手術など様々な手術に対応可能です。